厳心旗争奪第46回総和剣道大会

厳心旗開会式前の様子

2018年10月28日(日)は厳心旗争奪第46回総和剣道大会が古河はなもも体育館(古河市中央運動公園総合体育館)にて開催され、参加しました。

144の剣道団体が参加、小学生団体(5人制)、小学生低学年個人勝抜き、中学生団体(5人制)、中学生女子個人勝抜き、高校生団体(3人制)、一般団体(3人制)の6部門で実施される大きな大会です。
なお、勝抜き試合は3人勝抜きで表彰されます。

八千代剣道教室からは、小学生団体に1チーム、小学生低学年個人勝抜きに3名、中学生女子個人勝抜きに4名を登録し、出場しました。


試合結果としては、小学生団体が強豪道場を相手に0-5(0-10)の完全負け。
稽古で取り組んできたことが出せず、お相手にそれをやられてしまっていました。飲まれてしまっている感じ。稽古も含めて発想の転換が必要なのかもしれません。

個人勝抜きも振るわず、中学女子でえまが1人抜いたのが唯一の勝利で、このところの稽古の仕上がり具合から期待していた結果は得られませんでした。

ただ、敗戦を経て、課題は明確になりましたので、稽古でしっかり取り組みたいと思います。それが次週の武道フェス大会、さらにその翌週の筑西大会で活かせるようにしたいものです。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください