第41回 全国スポーツ少年団剣道交流大会茨城県大会

剣道大会

2018年12月2日(日)、茨城県武道館にて開催されました第41回全国スポーツ少年団剣道交流大会茨城県大会に、八千代町代表として出場しました。

スポ少全国大会の茨城県予選。
八千代町代表として小学生団体戦に1チーム、中学生男子個人戦に2名、同女子個人戦に1名を登録し、出場しました。
なお、小学生団体戦は先鋒が小4、次鋒・副将が小5~6女子、中堅・大将が同男子という学年性別制限があります。

残念ながら全員が初戦敗退となってしまいましたが、小学生団体戦につきましては敗退したわけではございませんで、那珂市さんを相手に4-0で快勝を得ながらも参考試合扱いにより八千代町は勝ち上がれず、那珂市さんが2回戦に進出したのでした。

こちらが小学生団体の結果です。(PDF:リンク先は茨城県体育協会HP)

実は、同大会への選手登録は小4以上となっておりましたが、当時、八千代町には小4の少年剣士が1名もおりませんので、小3の子を先鋒として登録しておりました。
その場合は「参考試合とする」との記述がアンダーライン強調付きで開催要項に記載されていたのですが、私どもはこれを、優勝しても茨城県代表にはなれないという意味に捉えておりました。

ところが、先にも挙げたとおり、1回戦の勝敗に関係なく2回戦に進出できないという裁定を頂いてしまいました。そのことは1回戦終了後に初めて知らされたもので、まったく納得がいきませんし、選手はもう号泣です。

「参考試合」というものが具体的にどのようなことなのかは大会要項には記載がありませんでしたので、それを確認しないまま選手登録したのは当方の不備と言わざる得ませんが、参考試合がそのような措置を伴うものとの一般認識は確認できず、やはり納得できません。

今回はスポーツ少年団大会ということですので、後日、八千代町スポーツ少年団長名で茨城県スポーツ少年団に正式に抗議して頂くべく、準備中です。
今後はこのようなことの起きないように、要項の不明点については必ず明確にした上で出場登録するようにいたします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください